慶應義塾大学病院 周産期・小児医療センター

子どものがんチーム:放射線治療科

放射線治療は、化学療法、手術とともに、小児がん治療の中心的役割を担っています。放射線治療科 では、強度変調放射線治療(IMRT)や定位放射線治療などの高精度放射線治療を積極的に取り入れ ることで、副作用を軽減しながら十分な治療効果が得られるよう取り組んでいます。

Page Top