慶應義塾大学病院 周産期・小児医療センター

子どものがんチーム:小児がんケア検討会

小児がんケア検討会

毎回テーマを決めて専門の講師を招き、医師・看護師・薬剤師・栄養士など多職種の医療者や小児がん経験者が集まり、より良いケアをめざして話し合います。

第8回:小児緩和ケア ~子どもと家族が望む生き方を支える~ 2017年7月22日 (土)

 『在宅における子どもと家族のための緩和ケア  -小児がんを中心に-』

さいわいこどもクリニック 院長 宮田 章子 先生

 『在宅緩和ケアを受ける小児がんの子どもと家族の生活の実際』

訪問看護ステーションそら 所長 看護師 木内 昌子 先生

第7回:小児がんを基礎から学ぼう ~小児がんの診断治療と子どもと家族の生活を考える~ 2016年12月22日 (木)

  『子どもと家族を支える小児がん看護基礎編』

国立成育医療研究センター 8階西病棟 看護師 柴田 映子 先生

 『小児腫瘍学を学ぶ -小児腫瘍学と歩んだある小児科医50年の旅ー』

順天堂大学大学院 医学研究科 小児思春期発達・病態学 特任教授 恒松 由記子 先生

第6回:子ども達と保護者のスペシャルプログラム                                  ~ 自分の体・病気・治療について一緒に考えてみよう ~2015年10月10日 (土)

  『自分の体・病気・治療について考えてみよう

 済生会横浜市東部病院 チャイルドライフスペシャリスト 井上絵未 先生

  『幸せになれる家族の育みかた

 国立成育医療研究センター 臨床心理士 佐藤聡美 先生

第5回:小児がんと長期フォローアップ ~ 治療開始後の生活をともに考える ~ 2015年5月16日 (土)

 『急性リンパ性白血病の非侵襲的治癒を目指して: CCLSG~JPLSGの33年間を振り返って』

中通総合病院 小児科 統括科長 診療部長 渡辺 新 先生 

第4回:小児がんの子どものend of life care~子どもらしく生きることを支えるために~ 2014年10月25日 (土)

  『地域で支える小児がんの子どもの緩和医療』

医療法人はるたか会理事長 あおぞら診療所新松戸院長 前田  浩利   先生

 『積極的な治療中におけるエンドオブライフケア-若年青年期の患者の事例を通して-』

慶應義塾大学看護部(現聖路加国際大学修士課程)  鈴木 千琴

第3回:小児がんの子どもとその家族の心理・社会的支援 20014年4月12日 (土)

 『子どもと家族の心に寄り添うケア ~子ども療養支援士の活動から~』

国立がん研究センター中央病院 小児腫瘍科 子ども療養支援士 本田 真己子 先生

 『子どもと家族の心に寄り添うケア ~チャイルドライフスペシャリストの活動から~』

国立成育医療研究センター 米国チャイルドライフ協会認定チャイルド・ライフ・スペシャリスト 伊藤 麻衣 先生

第2回:みんなで考えよう復学支援 2013年9月28日 (土)

「スムーズな転籍のために 」
新宿区立新宿養護学校 主任教諭 中沢 澄子先生

「教育から始めよう -治療後の分岐点-」
国立成育医療研究センター臨床研究センター 臨床心理士・臨床研究員 佐藤 聡美先生

第1回:食育 2013年5月8日 (水)

「化学療法による食事摂取低下に対する援助の実際と課題」
慶應義塾大学病院5S病棟 看護師 鈴木 千琴

「小児がんの子どもへの食育の取り組み」
千葉県こども病院 栄養科 太田 康子先生

Page Top