慶應義塾大学病院 周産期・小児医療センター

子どものがんチーム:薬剤部

治療に使用される点滴注射剤は小児病棟担 当の薬剤師が病棟内のクリーンベンチで調製を行っています(写真参照)。これは微生物による汚染を防ぎ、感染リスクを最小限にするためです。 内服薬は入院中のみならず自宅でも安心して服薬ができるよう、担当の薬剤師が飲み方の指導や副作用の説明を行っています。



クリーンベンチでの注射剤の調整

Page Top