慶應義塾大学病院 周産期・小児医療センター

予約お問い合わせ(午前9時~午後4時) 03-3353-1257

みみ・はな・のど・ことばの病気チーム

メンバー
小川 郁 (医師、耳鼻咽喉科教授):耳科・聴覚全般
大石直樹 (医師、耳鼻咽喉科専任講師):耳科(小児真珠腫など) 小児難聴 睡眠時無呼吸
藤岡正人 (医師、耳鼻咽喉科専任講師):遺伝性難聴
松永達雄 (非常勤医師、東京医療センター部長、遺伝専門医):遺伝性難聴
浅野和海 (言語聴覚士):言語 小児難聴
前川明日香(言語聴覚士):言語 小児難聴
田副真美 (臨床心理士):機能性難聴
片岡ちなつ(臨床心理士):機能性難聴
堀 明美 (臨床検査技師):精密聴覚検査

1)「みみ・はな・のど・ことばの病気チーム」は主に以下の疾患を専門的に治療しています。

・耳の病気
先天性難聴
 当院は、新生児聴覚スクリーニング後の精密聴力検査機関に指定されていて、難聴が疑われるお子さんの精密聴力検査を積極的に行っています。また、遺伝専門医の資格をもつ2名の耳鼻咽喉科専門医が月に1回、遺伝難聴専門外来を行い、先天性難聴の原因の半分以上を占める遺伝性難聴を診断するための遺伝子検査が可能な体制をとっています。
また、いままでは当院でお産まれになった新生児に対する聴覚スクリーニングは、他の合併症を持つお子さんに限って行っていましたが、2013年10月より原則的にすべての当院で産まれた新生児に対して、聴覚スクリーニングとしてのAABR検査を行う体制を整えました。ただし、他院で産まれたお子さんに対する聴覚スクリーニングは外来では行っておりませんので、ご了解ください。(他院で産まれ、聴覚スクリーニングも行われた結果、難聴が疑われているお子さんに対する精密検査は行っております。)
 実際に難聴と診断された場合には、難聴の程度に応じて補聴器・人工内耳の適応となる場合がありますが、補聴器装用は他施設(各地のことばの教室や療育センターなど)と協力して、当科では定期的な聴力評価や耳の診察などを行っています。人工内耳が必要なお子さんには、当科専属の言語療法士とともに治療に当たっています。

難治性滲出性中耳炎
 投薬などの保存的治療で改善しない難治性の滲出性中耳炎に対して、2泊3日の入院の上、全身麻酔下に鼓膜チューブ留置術を数多く行っています。(日帰り全身麻酔は行っておりません。)耳鼻咽喉科開業施設からの紹介も多く受けています。今までの治療経過、その他の合併症、年齢、聴力などに応じて、長く留置するタイプ・短期間留置するタイプの鼓膜チューブを使い分けて留置しています。また、症例によっては同時にアデノイド切除術も行っていますが、その場合にも入院期間は2泊3日です。チューブ留置後は、3カ月に1回程度の定期的な診察を行っています。

先天性真珠腫
 真珠腫は多くの場合に全身麻酔下の手術(鼓室形成術)が必要な疾患ですが、先天性に真珠腫が鼓室内(鼓膜の奥)に存在する場合があり、多くは開業医院にて鼓膜の診察を受けた際に気がつかれます。それら開業医院より当院は紹介を数多く受け、安全性・根治性に配慮した手術を積極的に行っています。

慢性中耳炎
 耳だれを繰り返す場合や、鼓膜チューブの留置が長期間にわたる場合には、鼓膜に慢性的な穿孔が残ることがあります。大きい穿孔は難聴の原因にもなり、またプールに自由に入ることができないなどの生活上の制限の原因になることもあり、その場合には鼓膜穿孔を閉鎖する鼓室形成手術(あるいは鼓膜形成手術)を行います。当教室は、年間の鼓室形成手術の症例数がとても多く、数多くの紹介を受け、積極的に治療を行っています。

機能性難聴
 特に学童期の女児に好発します。「脳まで音の情報が届いているはずなのに、自覚的に聞こえづらい」と感じる状態で、明らかな原因はわかっていませんが、環境ストレスなどの関与が大きいとされています。当教室ではまず聴覚精密検査を行い、機能性難聴の診断を確定させた後、必要に応じて当科専属の心理療法士による面接・カウンセリングなどを受けていただく体制が整っています。

・睡眠(呼吸)の障害
小児睡眠時無呼吸症候群
 お子さんのいびき、睡眠時の呼吸が止まる症状(無呼吸)は、睡眠時無呼吸症候群と診断される場合があります。小児睡眠時無呼吸症候群のおよそ9割には、鼻の奥にあるアデノイドの腫大、口の奥にある口蓋扁桃の肥大が関与しているため、耳鼻咽喉科医による診察が必須です。当教室では、在宅での睡眠検査を積極的に行い、ある程度以上の睡眠時無呼吸が認められたお子さんに対しては、所見に応じてアデノイド切除・口蓋扁桃切除術を行っています。近隣の医院からの紹介も多く、年間数多くの手術実績があります。また、アレルギー性鼻炎により、鼻呼吸障害から睡眠時無呼吸が増悪する場合があり、鼻の治療も重要と考え治療を行っています。

・言葉の障害
言語発達遅延

 さまざまな原因により、言葉の発達が遅れることがあります。言語発達遅延が疑われる場合、当教室では耳鼻咽喉科医による耳・鼻・のどの診察、専属の言語聴覚士による言葉の評価を行っています。実際に言語発達遅延が認められた場合には、主に言語療法士により定期的に診察、訓練などを行っています。

吃音
 吃音症状のあるお子さんに対する診療については、現在、担当の言語聴覚士の診察枠が定員を大きく超えてしまっているため、新規の受け入れは中止させていただいております。ご了承いただければ幸いです。

2)リンク先
慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室ホームページ
Page Top