慶應義塾大学病院 周産期・小児医療センター

予約お問い合わせ(午前9時~午後4時) 03-3353-1257

お産と早産・低出生体重児のチーム

お産と小さく産まれた赤ちゃんのチーム

産科部門のご案内

新生児グループのご紹介

 当院の新生児グループは早産や体重が小さく産まれた新生児、お母さんに基礎疾患のある新生児、胎児超音波で異常の認められた新生児を中心に、当院産科と協調した周産期医療を行っています。新宿区の地域周産期母子医療センターとして新宿区、中野区、杉並区を中心に東京都の周産期・新生児救急を担っています。27床(NICU 9床、GCU 18床)で運営しています。

担当者からひとこと

 私たちの施設は、平成16年度から始まった日本周産期・新生児医学会 周産期専門医制度(新生児専門医)の基幹研修施設です。

 都内では中規模の新生児病棟ですが、1999年6月出生の妊娠23週289グラムの児(2000年3月退院)、2006年10月出生の妊娠25週265グラムの児(2007年4月退院)、2010年10月出生の妊娠26週289グラムの児(2011年6月退院)と現在まで国内で生存退院した中では1番目と3・4番目に小さい赤ちゃんを救命した実績があります。
御興味のある方はこちらを御覧下さい。
 また、小児科の内分泌・代謝、感染・免疫、循環器、腎、精神保健、神経、血液・腫瘍、呼吸器、遺伝・奇形の各分野の専門医のみならず、産科、小児外科、眼科などとの総合的なチーム医療を目指しています。また、退院後の精神運動発達のフォローアップを目的として、フォローアップ外来(新生児外来)、乳児健診を行っています。必要によっては、精神保健、神経専門医、臨床心理士と協力して診療しております。

診療実績

2012年度:入院患者数 633名、搬送患者数75名

 入院患者の主な疾患は以下のとおりです。

 2011年度2012年度 
入院数  総数
620
633
 
院内出生
586
558
院外出生
34
75
主な内訳  低出生体重児  
1000g未満
11
18
1000~1499g
16
20
1500~2499g
142
126
 早産児 
在胎28週未満
7
16
在胎37週未満
125
164

 

担当医一覧

氏名
役職
主な資格など

池田 一成

(いけだ かずしげ)

診療責任者

専任講師

日本小児科学会専門医

米国胸部疾患学会会員

米国小児科学会(Society for Pediatric Research)会員

日本周産期・新生児医学会幹事

日本周産期・新生児医学会暫定指導医

日本未熟児新生児学会評議員

松崎 陽平

(まつざき ようへい)

助教

日本小児科学会専門医

周産期(新生児)専門医

新生児蘇生法インストラクター

臨床遺伝専門医

有光 威志

(ありみつ たけし)

助教

日本小児科学会専門医

周産期(新生児)専門医

古川 律子

(ふるかわ りつこ)

助教

日本小児科学会専門医

木下 眞里

(きのした まり)

助教

日本小児科学会専門医

原 香織

(はら かおり)

助教

PALSプロバイダー

 

Page Top